忍者ブログ
こちらでは、手のひらの多汗症を改善させる方法などをお伝えしています。
[1] [2
Posted by - 2017.12.14,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 多汗症 - 2013.02.23,Sat



手の汗が酷くて書類が濡れて字が書けない、寒い季節なのに靴の中が湿ってしまうくらい足に汗をかく、水浴びをしたのかと思うくらいに背中から汗が滴り落ちる、脇の下がビショビショになる。

こんな経験をした事はありませんか?

もしかすると、それは単純にあなたが汗かきの体質だからなのかもしれませんね。

けれど、年齢を重ねてもなかなか症状)が改善されなかったり、日常生活にまで支障をきたしたりするようであれば、それは単なる汗かきではなくて、何かの病気かもしれません。

それでは、体の一部分を中心に汗が多量に出る症状には、一体どんな病気が考えられるのでしょう。

手であったり、顔であったり、足であったり、体の一部分を中心にして汗が多量に出てしまう症状としては、多汗症が考えられます。

多汗症は、人が汗をかくほとんどの体の各部分から発汗し、汗の程度によってもレベル分けされているので、なかなか多汗症だとの特定は難しいかもしれません。

けれど、基本的に汗というものは、体温調整を行う為に出てくるものなのですが、涼しい季節やエアコンの効いた涼しい部屋の中でも、ビショビショになるくらい多量の汗をかくようでしたら、まず多汗症(以前は精神的なストレスや緊張などが原因だといわれていました)を疑ってみましょう。

多汗症の中で、手の平や足の裏、脇の下や頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)、顔などの一部分から大量の汗をかく場合には「局所性多汗症(きょくしょせいたかんしょう)」と呼ばれています。








多汗症 改善


PR
Posted by 多汗症 - 2013.01.11,Fri
手汗対策のドライオニックとは、家庭用の多汗症治療機器です。

手汗に限らず、足の裏や脇の下の多汗症用も販売されています。

ドライオニックは、電気分解による水素イオンの発生によって、汗腺から汗が出るのを防止するという仕組みになっています。

実際に効果があると科学的に証明されている機器とのことですが、現在、国内販売はされていません。

そのため、個人で輸入するか、輸入代行業の方から購入する形が取られているようです。

それに、手足用・脇の下用は別の商品となっていて、両方必要な場合には、それぞれ購入する必要があります。

一般的には、二週間ほど使っていると、徐々に効果が出ると言われていますが、やはり、ある程度効果には個人差があるようです。

説明書では、一日30分を2週間続けると効果が現れるだと言えるのです。

ただ、ワキガの原因とされているアポクリン腺からの多汗症の場合には、効果が薄いのでは?

との見方もあります。

それに、基本的には、副作用(時にはその効果に見合わないこともあるでしょう)などの心配がないなんですよが、使用時のピリピリした刺激が辛いと感じる人もいるそうです。

場合によっては、皮膚刺激によってかぶれたりすることもあるようですから、肌の弱い人には向いていないといえるでしょう。

効果の持続に関しては、数ヶ月程度で元に戻ってしまうみたいなので、ある程度継続して使用しなくてはなりません。

ドライオニックは、手汗を完治させるような機器ではありません。

あくまでも、「症状の緩和」しかできませんし、症状がひどい場合には効果が薄いといわれています。






Posted by 多汗症 - 2013.01.11,Fri
手汗に悩む人は案外多いものですが、人によって手汗の原因には違いがあるものです。

(最近では、人前でスマホを触れないという悩みを抱える人もいます)

緊張によって手汗をかくことは誰にでもあることですが、緊張しやすさには人それぞれで違いがあります。

また、肥満が手汗の原因となっていることもありますし、水分の取り過ぎやアルコールの摂り過ぎが原因となっている場合もあるかもしれません。

手汗(ハンドタオルが手放せない人が多いです)対策では、自分の手汗の原因に合わせた方法を行うようにしなければなりません。

では、その方法にはどんな物があるかというと、肥満が原因の場合にはダイエットが有効です。

アルコールや水分の摂り過ぎでは、それらを控える方法が取られます。

緊張が原因の場合には、精神的に落ち着くトレーニングや催眠療法みたいなものが使われることもあります。

それに、手汗に効くツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)刺激を利用する人もいます。

病院では、薬が処方されることもあるでしょう。

病院で処方される薬には、主に塗り薬と飲み薬がありますが、塗り薬は一時的な効果しか見られません。

そして、飲み薬の場合は、精神安定剤のようなものですから、場合によっては別の症状が出てしまうと言う副作用に注意が必要です。

もっと根本的な治療を求める場合には、最終的には手術を受けるという方法もあります。

しかし、手術を受けた場合でも、別の場所で汗が増えるといった副作用が出るケースも多いので、安易に勧められるものではありません。

どうしても手術を受けたいという場合には、よく医師と相談して決めましょう。






商品紹介
バーコード
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]