忍者ブログ
こちらでは、手のひらの多汗症を改善させる方法などをお伝えしています。
Posted by - 2017.12.14,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 多汗症 - 2013.02.23,Sat



手の汗が酷くて書類が濡れて字が書けない、寒い季節なのに靴の中が湿ってしまうくらい足に汗をかく、水浴びをしたのかと思うくらいに背中から汗が滴り落ちる、脇の下がビショビショになる。

こんな経験をした事はありませんか?

もしかすると、それは単純にあなたが汗かきの体質だからなのかもしれませんね。

けれど、年齢を重ねてもなかなか症状)が改善されなかったり、日常生活にまで支障をきたしたりするようであれば、それは単なる汗かきではなくて、何かの病気かもしれません。

それでは、体の一部分を中心に汗が多量に出る症状には、一体どんな病気が考えられるのでしょう。

手であったり、顔であったり、足であったり、体の一部分を中心にして汗が多量に出てしまう症状としては、多汗症が考えられます。

多汗症は、人が汗をかくほとんどの体の各部分から発汗し、汗の程度によってもレベル分けされているので、なかなか多汗症だとの特定は難しいかもしれません。

けれど、基本的に汗というものは、体温調整を行う為に出てくるものなのですが、涼しい季節やエアコンの効いた涼しい部屋の中でも、ビショビショになるくらい多量の汗をかくようでしたら、まず多汗症(以前は精神的なストレスや緊張などが原因だといわれていました)を疑ってみましょう。

多汗症の中で、手の平や足の裏、脇の下や頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)、顔などの一部分から大量の汗をかく場合には「局所性多汗症(きょくしょせいたかんしょう)」と呼ばれています。








多汗症 改善


PR
Posted by 多汗症 - 2013.01.11,Fri
多汗症(更年期障害や甲状腺機能亢進症などが原因のこともあります)の中に、「精神性多汗症」という病気があります。

精神性多汗症とは、過度なストレス・緊張によって自律神経が乱れてしまい、大量の汗が発生する病気です。

ストレスや緊張の原因は、人によって異なり、本人自身も分からない場合も珍しくありません。

また、症状にも個人差があり、異常なほど汗が出る人もいれば、通常の人よりも多少多いくらいの人もいます。

ただ、症状が軽い人でも、周囲から指摘を受けたり、自分自身が汗の量が気になってしまい、余計に悪化する場合もあります。

この精神性多汗症(精神的なストレスや緊張などが原因の多汗症のことをいいます)を治すためには、現在抱えているストレスや緊張、過去のトラウマなどを取り除くのが一番です。

しかし、そのストレスや緊張、トラウマを取り除くのは、一人は難しいものがあるので、カウンセリングを受けるのが良いでしょう。

また、なかなか精神的な治療法で改善されない場合は、ボトックス注射(注射以外に、「塗るボトックス」と呼ねれる方法もあるようです)や手術によって治療するのも一つの方法です。

ボトックス注射や手術を受ける場合は、副作用の危険もあるので、そのことを理解した上で、行ってください




商品紹介
バーコード
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]